他人の空似

2010 年 3 月 14 日

th123_aiの今後

Filed under: 未分類 — 中の人 @ 4:49 AM

今後も何も、公開はしないので何もないも同然なんですがね。

・AIManagerシステム
AIのソースコードを含んでいるため、停止する事はAI作者さん達に被害を与えると判断。
そのため、図々しくもここだけは運営を続けていこうと思っています。
といっても、あくまでAI資産を失わないためであって、自己顕示欲のために使うのは厳禁、ということでVerUPやシステムのソース公開などは行いません。

・th123_ai本体
おもちゃ箱というか、個人的にも便利で手放せなくなりつつあるので開発は続けるつもりでいる。
けれど、自己顕示欲のためには(ry ということで公開は一切行いません。
今までで唯一、胸を張って誰に対してでも見せられる自信作だったけれど、だからこそこれを公開停止にでもしない限り自分は懲りないと思う。
非想天則のverupにも対応しません、仮にしたとしても公開することはありえません。。
なので、非想天則の新パッチさえでれば次第にフェードアウトしていく事でしょう。

・th123_aiおよびAIManagerの再配布
wiki様の方でありがたくも再配布してもらえているようです。
ライセンス上も一切問題ありませんし、再配布してもらえるほど気にかけてもらえているとは自分には身が余るほど。
本来ならばこういった形で存続しては自分への罰にはならないと思うべきなのでしょうが、wiki管理人さまのご好意という事で甘えさせていただいております。
本当に申し訳ありません。

・python対応、script_data対応、モーション値とframeでは判別付かない件の対応
申し訳ありませんが、上記と同じ理由で対応できません。
本当に申し訳ない。
要望の対応ぐらいはやれよと思いますが、そんな事を始めたら公開停止するタイミングを掴みかねて、そのままずるずると公開し続けてしまうでしょう。
そうなっては自分はth123vの作者様に申し訳が立たないので、バグ対応も含めて一切の対応は行わないつもりです。
本当に本当に申し訳ない。

本来ならこれ全てAIスレなりに書いてくるべきなんだろうけどね。
そんなことしたら言い訳になってしまう。
このまま何も言わずに、全部放棄した無責任で救いようのないクズと思われていたほうが自分と皆のためになる。

自分みたいに他人に損害を与える事しか出来ない人間が、他人の役に立つ物を作ろうとか考えた事自体が間違いだったんだろうね。
結局他人のツールの芽をつぶしかけて、いや下手をしたら実際潰してしまったかもしれない事をするまで止まれなかったわけだし。
死ぬまで引きこもっているか、いっそ今すぐ死ぬかした方がいくらかマシだろう、うん。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Powered by WordPress