他人の空似

2010 年 5 月 30 日

たまにタイトルすら思いつかないときがある

Filed under: 未分類 — 中の人 @ 12:32 AM

要するに今です。

自分の意志で何かを作ろうと志した時、その動機には大まかに分けて二種類あると思う。
1:得たい結果があり、その結果を得るための物を作る
2:作りたいものがあり、ただそれを作る
この二種類。

ゲームというか、娯楽品を作ろうとするとき
前者で始めると大体良い事が無い。
というよりは、前者で完成させるには後者に比べて大きすぎる労力を伴う。
とにもかくにもゲームを手段に使うのは良いことでは無いということだ。

で、自分は今前者に近い欲求に駆られている。
簡単に言えば、何でもいいから素晴らしいゲームを作りたい、って欲求。
自分にはセンスが無い、少なくともゲーム製作について人並み以上に興味を持っていたわけではない。
でも人並み以上には上手くやれるだろうという根拠の無い自信があって、理性が「そんなの絶対ありえないから止めろ」と言っていて
まるで天使と悪魔の議論のような事になっている。

完成させられる可能性は低いし、それが良い物である確率はもっと低いし、評価される確率など0に等しいだろう。
だけどジャンルも何も無くただ作りたいという欲求だけがある。
どうしよう、どうしたらいい?

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Powered by WordPress