やれば出来る人とやった人の差

たとえ、やれば出来る人が一秒で出来るほどの高い能力を持ち
やった人は10年かけないと出来ないほど能力が低かろうと
結果としてはやった人の方が優れていると思う。

つまり何が言いたいかというと
自分は優秀だと思っていても実際には何も完成しない人は
たとえ改善点がいくつも目に付いても完成させる人よりもはるかに劣っているという事。

「やれば出来るのは普通なんだよ。
 本当に優秀な人はやらなくても出来る。
 出来ないなら優秀じゃないんだから死に物狂いでやれよハゲ」
そう自分に言い聞かせているのに一歩も進まない、そんな情けない現実。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。